03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

木の人形工房 アトリエ朝香  朝香裕樹

Author:木の人形工房 アトリエ朝香  朝香裕樹
木の人形を作っています。
2010年春、小さな木工房を始めました。
男です。 どうぞ、よろしく。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

展示会情報

名称:木の職人・クリエーターが贈る 木の遊び道具フェア 期間:2013.8.14~8.20 場所:阪急百貨店うめだ本店     11階 こどものいえ

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機械屋さんと必要な機械

2010.04.28 22:05|木工機械
電気工事屋さんに来てもらった後、訓練校の先生に紹介してもらった機械屋さんへ行ってきました。


動力を入れる気もないのに昇降盤みせてもらったり、小さめの横切り盤をすすめられるも、そんなの置いたら他に何も置けなくなるし、改めて国産機械のハードルの高さを感じてしまいました。

もちろん国産機械の精度の高さや剛性、アフターメンテを考えれば使いたいのは山々ですが、もう少し身の丈にあったものを使おうかと思います。

案内してくれた方が100V仕様のボール盤を用意してくれていて、試運転してもらって程度も良さそうだったので買うことにしました。 
さらにベルトサンダーとグラインダーが別の場所にあるということで、ボール盤を持ってきてもらう時に見せてもらう約束をして帰りました。



ここで、工房で必要な機械を書き出してみたいと思います。

絶対に必要な機械

・木工旋盤    ・・・ 主力機械 100πまでのスピンドルワークに使用。

・バンドソー   ・・・ 木取り用

・グラインダー  ・・・ 刃物研磨

・ボール盤    ・・・ 各種穴あけ

・ベルトサンダー  ・・・ 仕上げ

その次に必要な機械

・テーブルソー  ・・・ 溝突き、半割り、カット

・手押し鉋盤   ・・・ 板作り

・自動鉋盤    ・・・ 板作り
   
・電動糸鋸    ・・・ 細工カット、 曲線カット

・コンプレッサー ・・・ エアブロー

・集塵機     ・・・ 手押し、自動用

極端に絞り込めば、上記半分の機械でやろうと思えばできるわけです。

板物は自分で作らず、買うという選択もあります。



とりあえずはそんな感じで初めてみたほうがいいのかもしれません。。
スポンサーサイト

迷走続くよ、どこまでも。

2010.04.28 20:42|アトリエ関係
今日も別の電気工事店にきてもらいました。


なんというか完全に段取りを間違えてるみたいです。
最初に使う機械を確定させとかないとブレーカの容量も決められませんし、電力会社への申請も消費電力の大きい機械はW数と型番が必要みたいです。

こんなふわふわした受け答えしかできないのに見積もりしてもらうのが申し訳ないかんじです。

紆余曲折ありつつ、結局単層200V機械は消費電力が表記されてないものが多いこと、取り付けてもらうコンセント形状がはっきりしないこと、本当に使うかどうか迷いがでてきてしまったことから、とりあえず単層三線式のブレーカをいれてもらって、単層200Vを使う余地を残しつつ、現状では100Vのコンセントだけを引いてもらうという内容で見積もりをお願いしました。

また、現在の場所で引いた場合と、もう一つの空きガレージで引いた場合と両方でお願いしました。



機械もちょっと欲張りすぎたのかもしれません。

機械をみていると、あれがあればこれができる、もしかしたらあんなのも作るかもしれない、と際限なく妄想が広がっていきます。

自分は何をするために工房を作るのか。 

もう一度原点に立ち返って考える必要がありそうです。

余分な考えをそぎ落とし、本来の目的に特化させた工房プランを作る・・・


以上、底辺木工人のつぶやきでした。

電気工事と優柔不断

2010.04.27 19:57|アトリエ関係
本日、電気工事の見積書が届きました。


借りたガレージは敷地の一番端にあり、電柱から結構離れています。
メーターもついていない状態で、容量50A電灯盤、200Vコンセント5口、100V10口、照明を二つつけてもらう内容で見積もりしてもらいました。

その金額が・・   た  高い・・!

予想の3倍でした・・。 電灯盤だけで6万8千円って・・

この金額はちょっと厳しすぎます、他に2社に見積もりをしてもらう予定ですが、同じような金額だったらどうしましょう・・ 非常に困ります。

やっぱり電柱から遠いのが高くなってる原因なんでしょうか、見積もりの内訳をみてもケーブルやら金物やらの量が多いです。
あと照明も自分で買ってきてつけたほうがはるかに安いですね(当たり前か


この状況を受け、もやもやと迷いが生じてきました。



場所、変えてもらおうかな・・



そうです。この場所を借りたとき、もう一つ空いている場所があったのです。
そこは敷地手前側の向かい合わせに並んだ一列の、前から3番目の場所で、左右に挟まれていて、目の前もガレージが並んでいます。

最初に選んだとき、なんとなく敷地の端っこで、目線とか気にならないしいいかなと思って決めたんですが、いざ借りてみて予想以上に音が筒抜けで、隣の民家と裏のマンションへの騒音が心配になってたんです。

一方の場所はガレージで囲まれているので、問題となるのはすぐ裏の大家さんの家に対する騒音だけです。
電線もすぐそばなので工事もだいぶ簡単になるハズ・・

そんなことを考えていたらどんどん場所を変えたい誘惑に晒されてしまいます。

しかし、一度この場所でいこう!と決めたものをそんなすぐに変えてください~なんて情けなさスギですよね・・
「そんな簡単に趣旨換えするような奴が成功するはずがないやい!」っていう天使のささやきと、「いやいや現実を見よ、状況に応じて臨機応変に柔軟に対処することが必要なのだ」とか言う悪魔が僕のハートを乱すのです。

嗚呼、神よ!この憐れな男に慈悲なる導きを与えたまえ・・・!

職業訓練校と木材屋さん

2010.04.24 23:48|アトリエ関係
金曜日に思い立って職業訓練校の先生に会いに行きました。


僕が5年前に通っていた松原の訓練校は廃校になり、教えてもらっていた先生方は守口の訓練校に移られています。
ほぼ5年ぶりにお会いしましたが目立たない生徒だった僕のことも覚えていてくれていて懐かしくお話することができました。

今の時期は生徒さんも入学したばかりで鉋の砥ぎを練習してます。生徒たちの木工が勉強できる純粋な喜びが伝わってきて、今では鉋も満足に研げなくなってしまった自分にはまぶしい光景でした。。。

先生方から機械屋さんを紹介していただき、木工関係のイベントの情報なども頂きました。



訓練校を後にして、まだ少し時間があったので前からネットで気になっていた材木屋さんに行ってみることにしました。

何の連絡もしていなかったので場所の確認と外からちょっと見るだけでいいかと思ってたんですが、たまたま店主の方がいらっしゃったので思い切って声をかけてみると、快く木を見せてくれて、事務所の中に入ってずいぶんと話し込んでしまいました。
この材木屋さんは訓練校出身の木工作家さんのことに詳しくて誰がどこで何をしているとか、こういう業界って狭いもんなんですね(笑)

今日は一日とても有意義に過ごせた気がします。
家にいてずっとパソコンとにらめっこしてても考えがどんどん後ろ向きになってしまいがちですから。
自分から外にでて足で情報を探すことも大事ですね。

アトリエ探し

2010.04.22 00:31|アトリエ関係
アトリエとなる物件探しを始めました。

木工をするためのアトリエなので、条件がきびしいです。
まず、作業場として使用可能で、広さは20平米くらいで多少の騒音と粉塵がOKなところ・・当然お家賃もできるだけ安いほうがよいです。


何軒か不動産屋さんをあたったのですが、なかなかちょうどいい物件がありません。。
そもそも音の出る作業ができるところというと相当大きな倉庫とか工場ばかりです。

しかしそのうちの一軒で、工場や倉庫を専門に扱っている不動産屋さんから一通のFAXが・・・!

シャッターガレージだけれど木工作業可能とのこと。 しかも家のすぐ近所でした

早速見せてもらう約束をし、行ってみると住宅地のわきから入ったところで、そこだけぽっかりと空いたような空間の袋小路にシャッターガレージが立ち並んだところでした。

家のすぐ近所なのにそこには一度も入ったことがなくって、ちょっと隠れ家的な雰囲気がします。

敷地手前側の列の真ん中あたりと、一番奥の右端の2つが空いているとのことで、両方見せてもらいました。
広さはガレージなだけあって間口2.7m、奥行5.4mの9畳しかなく、家具などを作るには狭すぎます。

でも作るのを小物に限定すればなんとかやれるんじゃないか、使う機械も割り切って絞り込めばぎりぎり置けそうな感じです。
なによりこのまま探し続けて時間が過ぎていくより、とにかくやりださないと始まらないという焦りもありました。


結局このシャッターガレージを借りることにしました。 奥の端っこの方です。決め手は水道が使えることと、ガレージの前に車をちょっと止めておいたり作業にも使えるスペースがあること、そしてなにより家賃の安さです。(笑)
この場所は端っこなので隣の民家と隣接してます。裏はマンションのベランダなのでまあいいとして隣の民家は気を使いそうです。小型の自動カンナ盤とかは音が大きいのであきらめるしかないかな?ドラムサンダーという選択肢もあるし・・ その前に粉塵対策を考えとかないとまずそうだな。


そんなわけで場所が決まったので次回は機械の選定です。
これも大きさと騒音と予算が絡んでくるので相当頭を悩ませてます。








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。