07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

木の人形工房 アトリエ朝香  朝香裕樹

Author:木の人形工房 アトリエ朝香  朝香裕樹
木の人形を作っています。
2010年春、小さな木工房を始めました。
男です。 どうぞ、よろしく。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

展示会情報

名称:木の職人・クリエーターが贈る 木の遊び道具フェア 期間:2013.8.14~8.20 場所:阪急百貨店うめだ本店     11階 こどものいえ

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スプーンの製作

2010.08.30 22:05|木工製作
木のスプーンの製作を始めました。

なにぶんまったくの未知の分野ですのでネットや木工の先輩に教えてもらいながらひとまず2本作ってみました。

うん、これは甘くみてたな・・ なかなかイイ形に決まらない。。

IMG_3133.jpg




完成したものにクルミ油を塗って、試しに食事に使ってみました。

うーん、、なんか口から出すときの切れが悪いというか、口内に引っ付いてしまう。
オイルで仕上げただけだから滑らかさがないのと匙の部分が肉厚すぎたようです。もう少し掘り込みを深くして全体的に薄くしてみます。
スポンサーサイト

騎士のための武器 完成

2010.08.29 18:05|木工製作
剣、完成。


サリシャガン3
サリシャガン4

剣というか大振りなダガーですね。

スコップみたいな柄をもった特殊武器らしいです。突き刺して抉ったりするらしいですよ?


なんだかんだで完成までに数ヶ月もかかってしまいましたが気に入ってもらえたようでよかったです。。

騎士のための武器製作

2010.08.25 22:29|木工製作
唐突だが私の兄は騎士である。

騎士たるもの、武器を所持しているのは当然だ。しかし彼ほどの騎士ならば既存の武器では満足できず、彼にのみ装備を許された固有武器(ユニークウェポン)を求めるのも当然といえる。。


特殊な形状をしたその剣の製作は困難を極めた・・


手持ちの工具だけでは難しかったので知り合いの木工所で機械を借りたりした。
「剣を作ってるんです」と説明したら少し微妙な空気になったのは内緒だ!





サリシャガン2




サリシャガン



骨董市びより

2010.08.21 22:54|日常
今日も死ぬほど暑かった・・

今日は昼から四天王寺の骨董市に行ってきました。

毎月21,22日に開催されていて広大な境内に300ものお店がでています。

今回の目的は中古のクランプとストレートドリル。
クランプは見つからなかったけれどドリルはお目当ての鉄鋼ドリルの2ミリ台と3ミリ台を8本ほどゲット。締めて400円でした。



ドリル
どうしてもピンボケになる(泣)


僕はボール盤での穴あけは鉄鋼ドリルを使っています。サイズが0.1刻みであって、手に入りやすいからです。
鉄鋼ドリルの刃先の形は山型なのですが、球状のものに穴をあけるときなど滑って真直ぐに開かなかったりするのでグラインダーで先端に針をつけた形状(前の会社では「羽砥ぎ」と呼んでいた)に直して使っています。

逆に旋盤で穴あけするときや一度空けた穴を広げる時なんかは「山型」のものを使います。
なので、それぞれのサイズで「山型」と「羽砥ぎ」両方そろっているのが理想です。

それはさておき、骨董市を廻っているとコケシとかみやげ物のろくろ細工なんかが結構目に付きました。ろくろ職人が作ったであろう手間の掛かった品々がゴミのように放りだされているのを見ると背筋が寒くなりますね。
でもろくろ細工のなかにはあきらかに海外の有名なデザインを模倣したものもありました。いわゆるパッチもんなんですが本物と比べるべくもなくオーラがないというかしょぼくれている・・なんであんなに「違う」んだろう。


戒めと参考にアレ、買っときゃよかったな。。



試作

2010.08.19 21:46|木工製作
毎日暑すぎですが、クマーをもっと良くすべく試作を続けています。


しかしやればやるほど泥沼・・顔の形をちょっと変えただけで、目の大きさを0.5ミリ大きくしただけで、足をちょっと長くしただけで、印象が大分変わってしまうので難しいですね。

胴と足の接続角度は最初のものは45度だったんですがそれだと自然に座らせられないので50度くらいが適当みたい。55度でもいいけどあまり角度を付けすぎるとハイレグみたいになっちゃうから。。

やっぱり最初に作ったのが方向性としては好みなのでそれを微調整するだけでやってみます。あと、いろんな樹種で作ってみよう。



kumatati.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。