12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

木の人形工房 アトリエ朝香  朝香裕樹

Author:木の人形工房 アトリエ朝香  朝香裕樹
木の人形を作っています。
2010年春、小さな木工房を始めました。
男です。 どうぞ、よろしく。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

展示会情報

名称:木の職人・クリエーターが贈る 木の遊び道具フェア 期間:2013.8.14~8.20 場所:阪急百貨店うめだ本店     11階 こどものいえ

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

製作環境改善

2011.01.29 23:22|工具、冶具
ここ一週間、遅々とですがドールベアの製作工程の見直しやら冶具類を作っております。

しかし近頃の寒さはいけませんねえ。。心まで凍えて内省的になってしまいます。
これはいかんってなことで、身も心も温まろうと、有馬温泉に行ったりしてました。

それはさておき、今日はいろいろ気になっていた機械類の問題を直しました。

一番気になっていたのは木工旋盤の主軸と芯押台のセンターが合っていないことです。


CIMG0462.jpg
写真ではわかりにくいですが両方の先端が水平方向に0.5ミリくらいずれています。
以前も直そうとして、ボルトを緩めて調整しようとしたのですがどうしてもパーツの凹凸があたってうまくいきませんでした。そのときは適当に紙など挟んでお茶を濁していたのですがやっぱり気になる・・。


で、ようやく気づいたんです・・。削ればいいじゃない!と。
CIMG0463.jpg
さっそくヤスリを買ってきて、あたっているじゃまな部分を削ること数分。


組み立てなおしたらあっさりセンターが合いました。。
こんな簡単なことをなぜ今までやらなかったんだろう・・。
なんかできないと思い込んでたんですねー。
CIMG0464.jpg


バンドソーのフェンスも作りました。
ドリフト(刃が逃げてまっすぐ切れない現象)がひどく、フェンスが使い物にならなかったのでせっかくのバンドソーをあまり活用してなかったんです。
簡単なものですがフェンスの角度を調整できるものを作りました。
CIMG0465.jpg
こんな適当なものでも十分に使えます。これもまたもっと早くやっとけば・・と後悔先にたたず。。

基本的なことを棚上げしたまま突っ走ってきましたから。いい仕事するには製作環境の改善は必須ですね。

実は工房も全面改装しようと計画中です。
床を張って、天井も断熱材入れて、入り口もつけたい。。
でもそれは今入ってる仕事が一段落してからかなあ。ちょっと楽しみだ♪
スポンサーサイト

まるまる

2011.01.22 00:23|工房日誌
昨日うまくいかなった丸棒削りですが、刃を研ぎなおし、刃の出具合を調整すること数回でほぼ満足できるレベルの丸棒がつくれました。
IMG_3277.jpg


ドライバドリルの回転数はあんまり早すぎてもだめみたいで1000rpmくらいでゆっくり送ってやるとうまくいきます。
今日は12.5ミリの丸棒だけつくりましたが、0.2ミリくらいの誤差はでます。まあそれくらいは仕方ないでしょう。

刃の調整は噛まし木を作っておけばそれほど時間はかからないと思いますし、インサート交換の手間も少なくできます。

まあ、とりあえず使えそうです。。ほっ・・。






IMG_3276.jpg
チェリオ「うまくいったな!、オレのセッティング


くまの手を借りてようやく人並な仕事ができました・・♪

○棒!

2011.01.20 23:55|工房日誌
IMG_3270.jpg
昨日紹介した道具ですが、実はコレ、丸棒を作るための道具なんです。

原理は鉛筆削りと同じで穴に角材突っ込んで回し削るんですが、この機械はよく考えられていて、角材を入れるインサートを交換することでいろいろな直径の丸棒をつくることができます。
刃が2枚ついているのは手前側の刃でラフカットして、奥側の刃で仕上げカットをするためです。


IMG_3273.jpg
インサートは4分の1インチから1インチ径の丸棒まで対応しています。

最初、1インチのインサートが入ってないと思ってめちゃ凹んだのですが1インチはインサートなしで本体そのままで使うことに気づきました。。

いや、ケースに空き(右上の型抜き)があるからインサートがあるはずだって思い込んじゃいますよ!
まぎらわしいことしないで・・。よく見たらインサートの型抜きじゃないし、なんなんだ一体。。


IMG_3274.jpg
それはともかく試しに12ミリ丸棒を作ってみることに・・


で、やっぱりうまくいかないわけですな。

IMG_3275.jpg
ボロボロ・・。

これは刃が切れてないのと調整がうまくいってないのですね。
あと電動ドリルの回転数が遅いのも原因だと思う。

明日はじっくりとテストカットを繰り返す予定ですが15ミリ以下の丸棒ならともかく25ミリは角材からは厳しいかもしれません。あらかじめ八角形に角を落とす必要がありますが、その手間を考えたら旋盤で削ったほうが早いかもしれません。

細い丸棒は旋盤では削りにくいのでそれだけでも一定の径の丸棒が作れるならこの機械を買った価値があるとは思うのですが、うまくいきますかどうか。無駄な買い物にならないことを祈るばかりです。。

お買い物♪

2011.01.19 22:49|工房日誌
年末に注文していた道具類がやっと到着しました~。

木工旋盤用品は外国製が主流ですし、種類も豊富なので海外のネットショップで買ってます。円高だしね。
ぼくは英語書けんので転送サービス会社を利用してます。


今回はCraft Supplies USAから旋盤の刃物とキャリパー(計測器具)2点、それにスクロールチャックを2つ購入。

さらにLee Valley Tools からも秘密道具を購入。これで生産性が少しは上がる・・はず!

IMG_3272.jpg
12ミリスピンドルガウジとキャリパー

大きめのガウジがあれば仕事が早いに違いない!と思って使ってみたら結構キャッチングしてしまう。。刃が大きいので抵抗も大きく引っ掛かったときの衝撃はトラウマ級。うーむ使い倒して慣れるしかないか。

丸棒の直径の計測は今までノギスでやってたんですがキャリパーのほうが使いやすかろうと思い買ったわけですが金属の足が少ししなるので0.1ミリ単位の計測はできなさそうです。


IMG_3271.jpg
こちらが旋盤のチャックです。このチャックで材料をはさんで固定するわけですね。
左がオーストラリアVicmarc社のVM100。右がアメリカNova社のミディチャックです。

ミディチャックは爪の開閉に2本の棒を使うので両手がふさがれるうえちょっと面倒です。
VM100は今使っているスーパーNOVA2より開閉ギアが少し固く、レンチを回す方向が逆なので最初は間違えそうです。


IMG_3270.jpg
でで、こいつが今回の目玉、秘密道具です。

さて何をするための道具でしょう?答えは明日~ってことで・・!

ぴょんっ

2011.01.08 23:44|工房日誌
遅ればせながら、、あけましておめでとうございます。

新しい一年が始まりましたね!(もう一週間過ぎたけど)
今年は喪中というのを言い訳に年賀状書いてませんでした。。年賀状を出していただいた皆さん、ありがとうございます。近日中に寒中見舞いを出しますのでしばしお待ちを・・

さてさて、うさぎ年ということでこんなの作ってみました。

IMG_3229.jpg

ミニうさぎ。またまたちっこいです、3センチくらい。

2011年はうさぎのようにぴょんっとジャンプして次のステージへ上がりたいところです。


景気付けに今日は材木を仕入れに行ってきました。

IMG_3263_20110108230035.jpg

2件ハシゴしてケヤキを中心に端材などを購入。
さらにアサメラの角材とデラすんごいチークを安く売ってもらえました♪
刻むのがもったいないくらいの高級材ですからね、一品もの用のとっておきの材にします。



工房で監督中のチェリオ
IMG_3257.jpg

IMG_3260.jpg
「働け~馬車馬のように働け~」

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。