02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

木の人形工房 アトリエ朝香  朝香裕樹

Author:木の人形工房 アトリエ朝香  朝香裕樹
木の人形を作っています。
2010年春、小さな木工房を始めました。
男です。 どうぞ、よろしく。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

展示会情報

名称:木の職人・クリエーターが贈る 木の遊び道具フェア 期間:2013.8.14~8.20 場所:阪急百貨店うめだ本店     11階 こどものいえ

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛知県へ

2012.03.27 09:45|日常
二日間の愛知県の旅から帰ってきました。

土曜日はおもちゃの先輩の結婚式へ。
気取らないアットホームな雰囲気でかつ細かな気配りがされていてでとってもいい式でした。

画像 422
日曜日の豊橋のイベントではグッドトイ委員会とうかい支部さんのブースの一角をお借りして展示販売させて頂きました。
お越しくださった皆様、ありがとうございます。

とうかい支部の方々にも本当にお世話になってしまいました。。自分もはやくおもちゃコンサルタント取ろう。レポート書け!


画像 424
今回の展示はリングドールを前面に出してみました。
木の種類も今までの「ヨーロッパビーチ」の他に新たに「山桜」で作ったものも試験販売しました。。
写真ではわかりにくいですが真ん中の青いタオルの人形と、右端のウサギの人形が桜リングドールです。
色は薄茶色で木目も大胆で味のある渋い表情をしています。
好評で、やはり2種類くらいはあったほうがいいなと実感しました。


画像 425
桜リングドールと、偶然支部の方が持っていた和風な手ぬぐいでハンドパペットを作ってみたところ、すごいいい感じに!ちょっと文楽人形を感じさせる侘び寂びある人形になりました。

生地が薄いので指の細かな動きが伝わり、情感ある繊細な動きができそうです。
なにかちょっとした寸劇ができるように練習しとこうかしらん・・。

スポンサーサイト

名古屋へ行ってきます。

2012.03.23 22:03|日常
明日から名古屋に行ってきます。

土曜日はいつもお世話になっている、おもちゃデザイナーさんの結婚式。

翌、日曜日は豊橋の「こども未来館 ここにこ」で行われているグッドトイ・キャラバンに新婚ご夫妻とともにお手伝いに行ってきます。
会場ではグッドトイ委員会様のご好意によりアトリエ朝香の作品を展示させてもらうことになりました。
名古屋での展示は初めてなので反応が楽しみです(^-^)

26日に帰ってくるまでメールの返信等遅れますのでご了承ください。

レーザー

2012.03.21 22:42|日常
いいタイミングでプリンター壊れた・・・  もうっ!

画像 412

大きなクマ、つくります。4

2012.03.18 14:56|工房日誌
塗装の前にクマの口を焼きペンで描きます。
樹種によって焦げ具合が違うので温度調節が出来る焼きペンを使っています。

ここで失敗したらパーになってしまうので下書きをしてから息を止めて慎重に描きます。
画像 402



無事口が描けたら塗装に入ります。
塗料はドイツの「オスモ」という植物油系のオイル塗料です。
「エキストラクリアー」と「ノーマルクリアー」の2種類を使っています。

1回目はサラサラのエキストラクリアーを木に染み込ませるようにたっぷり塗ります。
余分な塗料をウエスでさっとふき取り、1~2日乾燥させます。
画像 403
乾燥させたら1000番の研磨パッドで軽く磨き、ノーマルクリアーで2回目の塗装をします。
また1日乾燥させ、さらにもう一度ノーマルクリアーで3回目の仕上げ塗装し、乾燥させて完成です。

画像 404
塗装が完了した状態です。


画像 405
耳としっぽを接着して、いよいよ組み立てに入ります。
ゴムロープとゴムを引っ掛けるヒートン金具です。

ゴムロープは心材にカーボンが入ったアウトドア用の強力なもの。
大クマには直径5ミリの太いゴムを使っています。


画像 406
組み立て中。
ゴムを引っ張りつつ結び目を作ります。ゴムが太いのでかなりの力業です。
結び目に粘度の低い瞬間接着材を染みこまし、解けることがないようにしています。



画像 408
無事、完成しました!
どんな雰囲気になるのか、組み立ててみるまでははっきりわからないのでいつも緊張します。各パーツのサイズ、関節の位置、木目などすべての要素が絶妙に決まらないといい人形にはなりません。
最初のころは組んでみて落胆することが多かったですが、最近はようやく大きく外すことはなくなったように思います。

同じ木から生まれたメープル3兄弟ですが、木目の出方や体のラインが微妙に異なるため、それぞれの個性をもっています。

実は今回、耳を新しい形でつくってみました。内側にカールしているのがわかるでしょうか?
より耳らしく変化のあるかわいい形になったと思いますがいかがでしょうか。作り方は秘密です(笑)

アトリエ朝香ではこんなふうに人形を作っています。
そしてこれからも進化していけるようにやっていきたいと思います。。

大きなクマ、つくります。3

2012.03.15 23:57|木工製作
ボディができたら残りの丸棒で頭を挽いていきます。
頭も最後に切り離すところとか、難しいポイントになるところがありますが写真撮り忘れたので割愛・・。


画像 395
頭の穴あけが終わった状態です。
首が入るおおきな穴と、目、鼻、耳を差し込む穴を開けています。
目鼻は左右対称にかつ平行に開けなければなりませんので、位置がちゃんと決まるように道具を使って印を付けています。

画像 397
瞳を黒檀で、鼻をウォールナットで作ってはめ込みました。パーツはぴったり嵌るようテーパー状に削っています。


画像 399

そんなこんなで手足と耳、しっぽも作ってすべてのパーツが揃いました。
いよいよ塗装に入ります!とその前に口を焼きペンで描いてますよ~。

次回で完成です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。