08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

木の人形工房 アトリエ朝香  朝香裕樹

Author:木の人形工房 アトリエ朝香  朝香裕樹
木の人形を作っています。
2010年春、小さな木工房を始めました。
男です。 どうぞ、よろしく。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

展示会情報

名称:木の職人・クリエーターが贈る 木の遊び道具フェア 期間:2013.8.14~8.20 場所:阪急百貨店うめだ本店     11階 こどものいえ

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美術館の大掃除

2010.12.31 05:17|日常
28日に知り合いのおもちゃ美術館の大掃除のお手伝いに行ってきました。

東大阪の八戸ノ里にある、宮本順三記念館 豆玩舎ZUNZO(おまけやズンゾ)さんです。

グリコのおまけデザイナーであった宮本順三氏が集めた日本各地の郷土玩具や世界中の人形玩具、民族資料を展示されている私設美術館です。


館は靴を脱いで入ります。居心地がいいので長居するお客さんも多いそう。妊婦さんの胎教にもいいとか。
IMG_3235.jpg

グリコのおまけも戦前のものから展示してあって、小さいながらもいかに子供たちが喜ぶものを作ろうという工夫が見て取れて興味深いです。

IMG_3240.jpg


世界の玩具。ところ変わればおもちゃの捉え方も変わる。それもまたおもしろいのです。
IMG_3236.jpg


文楽人形や能の面まであります。
IMG_3237.jpg

貴重な資料なので傷つけないよう慎重に扱います。白手袋なんて初めてしたよ~。。
普段のガラスケース越しに見るのとはまた違い、実際に手にとって見るといろいろ発見があります。質感や重さなんかもおもちゃの重要な要素なんですね。

2010を締めくくる、貴重な体験ができました。



コメント

朝香様、こんばんは。
楽しいお知り合いを、お持ちですね。実際に触れられたのは、良い事でした。
でも、一番気になるのは、謎の呪文が書かれた黒板ですね。怪しげです。

Re: タイトルなし

ヤマドリさん、こんばんは!

確かに怪しげに見えますね(笑)

「トモドモニ マルク ワカク トビハネヨ」

故、宮本順三氏は自身でも絵画などをされていた芸術家でした。その残されたメッセージには玩具や芸術、人間と世界に対する喜びと希望が感じられるように思います。その精神を受け継いで親族の方が館の運営をされているんですね。

ヤマドリさんは民族文化にご興味があるかと思いますので機会があれば訪れてみてください♪
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。